5万円や10万円の借り入れなら、最短即日融資も可能なカードローンキャッシングが便利です。

所得税に関する基本を理解する

サラリーマンの方であれば「年末調整」という言葉を聞いたことがあると思います。社会保険料にはなく、所得税にはあるこの制度は一体どのような意味があるのでしょうか。

1年間の税金を会社が清算

所得税はその年の1月1日から12月31日までの収入が対象になります。毎月の給与からも所得税は控除されていますが、それは「給与所得の源泉徴収税額表」に基づき概算額を毎月徴収し、年末の給与が確定した時点で「差引して」帳尻を合わせています。これが「年末調整」です。

しかし、所得税額は課税所得だけで決まる訳ではありません。

各種控除と扶養家族

年末近くになると会社に「給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書」という緑色の文字で書かれた様式を提出されたことがあると思います。この申告書で扶養家族や生命保険、損害保険及び住宅ローンなどに関する状況を申告します。

所得税はこれらの状況により控除額が大きくなり、税額が少なくなることがあるからです。このように会社が年末調整で清算してくれるため、サラリーマンは基本的には確定申告は不要となります。

しかし、医療費が多く掛かった年や他にも所得があり所得税が差し引かれているようなことがあれば、それらの書類を加えて確定申告をすることで更に戻ってくる可能性もあります。

確定申告自体は一度経験するとそれほど難しい作業ではありません。手続きにおいて所得と控除の関係がすんなりと理解出来る良い教材にもなりますので、機会があれば一度挑戦してみてはいかがでしょうか。

中には支払いが必要なケースも

先ほども申し上げた通り、年末調整は最終的に税金を「差引して」帳尻を合わせる制度です。一般的には少し余裕を持って概算徴収し、年末調整でその他の控除を含めて若干戻ってくるという方が多いかと思います。

ですが、結果として納付額が足りず最後の給与で大きく引かれることもあります。

例えば、扶養家族となっていた子供が就職したが、毎月控除される所得税額はこれまでと同額だった。所得税は年末時点での状況により控除対象者が決まりますので、昨年の年末調整よりは扶養家族の人数が減っている分、税額は大きくなります。

しかし、これまで通りの額で毎月控除していては足りなかったとすれば、年末にその分がまとめて差し引かれることになります。最終的には同じ金額を支払うことにはなりますが、年の瀬に予想外の出費があるのはなかなか大変なことです。不明な点については給与担当者に確認をしておきましょう。

会社任せではなく自分自身でも制度を把握していることで、万が一、手続きに誤りがあったとしてもそのことに気付くことが出来ます。

是非、これを機会に給与明細をじっくり見てみましょう。

トップへ戻る